第3種放射線取扱主任者講習
   
       
   

よくある質問集(FAQ



Q:第3種放射線取扱主任者の資格でどんなことができるか?
A: 「第3種放射線取扱主任者」免状は、国家試験が不要で、原子力規制委員会又は原子力規制委員会の登録を受けた者(登録資格講習機関)の行う第3種放射線取扱主任者講習を修了した者に対し、原子力規制委員会より交付されます。
この第 3 種放射線取扱主任者免状取得者は、小規模な密封放射性同位元素届出事業所の放射線取扱主任者に選任される要件を満たすことになります。



Q:放射線源の販売、賃貸をする場合、放射線取扱主任者の資格が必要か?
A:密封線源で設計認証を受けなかったレベル計、密度計等の届出使用者、密封線源の届出販売・賃貸においては、この第 3 種放射線取扱主任者免状以上の免状を有する者の中から放射線取扱主任者を選任する必要があります。


Q:修了試験の難易度は?
A:本講習においては、特別な知識・経験がなくても放射線の基礎的な知識、測定器の取扱、測定方法を学ぶことができます。修了試験は、講習で学んだこれら基礎的な事項の中から出題されます。


Q:修了試験が不合格の場合はどうなるか?
Q:1回に限り追試験を受けることができます。追試験の結果も不合格の場合は、再度、所定の受講料をお支払い頂き、講習を受講して頂くことになります。


Q:出前講習を希望しているが、参加者1名でも可能か?
A:ご希望の開催場所や開催日等と当協会の業務の都合等によりご希望に添えない場合もありますので、下記お問合せ窓口までお気軽にご相談下さい。


Q:受講をキャンセルした場合、受講料はどうなるか?
A:正当な理由がある場合は、受講料を返還します。具体的には、受講開始日1月前までに受講取り消しを申し出た場合、当協会の都合により講習を中止した場合又は正当な理由(天災地変、受講者自身の疾病等)により受講を取り消した場合です。但し、受講の取り消しを申し出た際には、これらを証明する書類の提出を求めることがあります。
正当な理由が無い場合は、受講料を返還することができません。但し、次回以降の受講を希望された場合は、次回以降(2年以内)の講習の受講料とすることが出来ます。



   
     お問い合せ窓口
   
   
 一般財団法人放射線利用振興協会 東海事業所 原子力研修部 
〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方白根2-4
 TEL:029-229-0846 FAX:029-229-0437


(迷惑メール防止のためバナーにリンクを貼っておりません、上記のアドレスを入力して発信して下さい)

 
 
    Copyright (C) RADIATION APPLICATION DEVELOPMENT ASSOCIATION All Rights Reserved.