No.21 1982/05/20

特別寄稿 技術立国 中井 敏夫
特集 アイソトープがもたらす豊かな生活
    生活を豊かにするアイソトープ 村上 悠紀雄
    工業における利用 佐藤 乙丸
    放射線アイソトープの水産への利用 佐伯 誠道
    地下水問題への利用 木村 重彦
    生化学における最近のアイソトープ利用 香川 靖雄
連載エッセイ 道は歩いた後にある(最終回) 宗像 英二
アイソトープ講座T どんな原子が不安定か その2    村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(18)  高分子化学の偉大な先駆者 W.H.Carothersの生涯(その3) 杉本 専

No.22 1982/08/20

特別寄稿 放射線影響研究雑感 熊取 敏之
特集 続アイソトープがもたらす豊かな生活
    アイソトープはジャンプする 村上 悠紀雄
    ラジオアイソトープ放射線の照射利用 武久 正昭
    放射性医薬品について 小川 弘
    食生活を豊かにするアイソトープの農業利用 渋谷 政夫
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
アイソトープ講座U 放射能とは何か 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(19) 高分子化学の偉大な先駆者 W.H.Carothersの生涯(その4)                          杉本 専

No.23 1982/12/10

特別寄稿 大学についての最近の所感 山本 賢三
特集 さらにアイソトープがもたらす豊かな生活
    人体内で元素は動く 村上 紀悠雄
    放射化分析の進歩 戸村 健児
    鉄鋼工業におけるアイソトープの役割 宮川 一男
    ポジトロン核種の医学利用の成果 舘野 之男
    蛍光X線分析への利用 古田 富彦
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
アイソトープ講座V 「放射能のへり方」 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(20) 高分子化学の偉大な先駆者 W.H.Carothersの生涯(最終回)                          杉本 専

No.24 1983/04/09

特別寄稿 趣味のことなど 藤波 恒雄
特集 動物飼料の放射線滅菌
    放射線滅菌飼料の栄養的評価 山中 聖敬
    放射線滅菌飼料の無菌・SPF動物飼育への応用 斉藤 宗男
    放射線滅菌飼料の市場性 安藤 洋次
    飼料の放射線滅菌の現状 伊藤 均
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
医療用具の放射線滅菌に関する最近の話題 佐藤 健二
ある科学者とその研究 わが国初のノーベル化学賞に
かがやいた福井博士の「フロンティア電子軌道」理論/上
杉本 専

No.25 1983/07/30

特別寄稿 「科学」と「技術」について 西堀 栄三郎
特集 原子力施設の立地問題とその背景
    原子力立地の抱える問題点とその対応 飯塚 恒太
    放射性廃棄物とその施設の立地 石原 健彦
    原子力施設と排気問題 石原 豊秀
    電源立地における温排水問題 丹羽 正一
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
アイソトープ講座W 放射能レベルとは 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(22) わが国初のノーベル化学賞に
かがやいた福井博士の「フロンティア電子軌道」理論/中
杉本 専

No.26 1983/12/10

特別寄稿 ネーミングについて 村田 浩
特集 放射線化学の最近の進歩
    放射線化学の応用−最近の話題と展望 嘉悦 勲
    電子線レジストの現状と展望 助川 健
    高分子エレクトレットの作製と2,3の応用 高松 俊昭
    進歩する放射線キュアリング 佐々木 隆
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
アイソトープ講座X 比放射能とは 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(23) わが国初のノーベル化学賞に
かがやいた福井博士の「フロンティア電子軌道」理論/下
杉本 専

No.27 1984/03/10

特別寄稿 中国とのおつきあい 向坊 隆
特集 放射線化学の最近の進歩・その2
    放射線化学の応用−最近の話題(2) 嘉悦 勲
    核融合炉のための有機絶縁材料 山岡 仁史
    放射線グラフトによる機能性膜の合成と応用 大道 英樹
    ラテックスへの放射線の応用 幕内 恵三
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
アイソトープ講座Y 高比放射能の利点 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究 わが国初のノーベル物理学賞に
かがやいた湯川博士の「中間子論」とその背景/上
杉本 専

No.28 1984/09/01

特別寄稿 科学技術研究費                       中井 敏夫
特集 国際的な照射食品の動向
    世界の食品照射の現状 J.Farkas・著    林徹・訳
    各国における法的規制の動向とRCAの食品照射プロジェクト 川端 俊治
    食品・農産物の放射線殺虫の最近の進歩 團野 皓文
    食品照射実用化への最近の動向 武久 正昭
    照射食品 (米国科学・保健協議会)
    食品の放射線殺菌 (宗像 英次)
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
アイソトープ講座Z 高比放射能の利点 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(25) わが国初のノーベル物理学賞に
かがやいた湯川博士の「中間子論」とその背景/中
杉本 専

No.29 1984/12/10

特別寄稿 パブリック・アクセプタンスのむずかしさ 伏見 康治
特集 放射線照射シリーズ・その1−照射施設の運転管理
    放射線照射施設とその安全管理 大島 裕之助
    電子線加速器の最近の動向 田村 直幸
四本 圭一
    コバルト−60照射施設とその管理 田中 隆一
橘 宏行
    電子線加速器照射施設の保守管理 水澤 健一
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
ある科学者とその研究(26) 
わが国初のノーベル物理学賞にかがやいた湯川博士の
「中間子論」とその背景/下
杉本 専

No.30 1985/03/30

特別寄稿 続パブリック・アクセプタンスのむずかしさ 伏見 康治
特集 放射線照射シリーズ・その2−放射線照射設備
特集 放射線照射シリーズ・その2−放射線照射設備 RICU照射施設 佐藤 利男
    台湾核能研究所のガンマー線照射施設 八木 國光
    アメリカ・AHS社のガンマー線照射施設 佐藤 良成
    電子加速器照射施設                       四本 圭一
W.ラムラー氏を囲むEB・UV・IR座談会
アメリカにおける電子線加速器の進歩
J.W.ラムラーほか
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
アイソトープ講座[ アイソトープをつくるには 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(27) 
わが国で初めて原子模型を提唱した明治の物理学者 長岡半太郎博士
杉本 専

No.31 1985/08/20

特別寄稿 創造性を発揮するには 宗像 英二
特集 放射線による非破壊検査の進歩
    溶接構造物の品質と非破壊検査の動向 仙田 富男
横山 計次
    放射線透過試験適用時の留意点 平山 一男
    中性子ラジオグラフィの動向 平岡 英一
    産業用CTスキャナの進歩と動向 藤井 正司
連載エッセイ 歩んできた未知の世界 西堀 栄三郎
アイソトープ講座\ サイクロ生成核種はCF 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(28) 理化学研究所・中興の祖
大正・昭和の原子物理学者 仁科芳雄博士
杉本 専

No.32 1985/12/10

特別寄稿 知識と知恵の間に在るもの 岡村 誠三
特集 電子線による放射線滅菌の進歩
    電子線滅菌・殺菌の世界の現状 武久 正昭
    電子線滅菌用加速器 田村 直幸
    材料の劣化から見た電子線滅菌 吉井 文男
幕内 恵三
    電子線の滅菌効果 伊藤 均
連載エッセイ 歩んできた未知の世界(最終回) 西堀 栄三郎
アイソトープ講座] サイクロの大型化 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(29) ノーベル物理賞・わが国2番目の
受賞者 朝永博士の栄光の生涯とその業績/上
杉本 専
科学・技術・産業のページ 
巨大加速器・究極物質の解明に活躍
編集部

No.33 1986/02/20

特別寄稿 創造的な能力を身につけるには 森本 佐一
特集 粒子加速器による加工処理
    電子加速器による医療器具の滅菌 大島 裕之助
    電子加速器による高分子の架橋 宇田 郁二郎
    電子線キュアリング 丸山 孜
    イオン打ち込みによる半導体製造 恒成 欣嗣
新・連載エッセイ 「原子力と私」 奇蹟の年 伏見 康治
アイソトープ講座XI アイソトープ主役の交代 村上 悠紀雄
ある科学者とその研究(30) ノーベル物理賞・わが国2番目の
受賞者 朝永博士の栄光の生涯とその業績/中
杉本 専

No.34 1986/05/20

特別寄稿 核融合の30年 山本 賢三
特集 原研JT−60の核融合プロジェクト
    核融合と高温プラズマの閉じ込め 永見 正幸
    核融合の研究はどこまで進んだか 狐崎 晶雄
    核融合炉 東稔 達三
    核融合の技術 関 泰
飯田 浩正
連載エッセイ(2) 「原子力と私」 理化学研究所の空気 伏見 康治
アイソトープ講座XII 123Tの製法と“derived RI” 村上 悠紀雄
COLUMN 北投石との出合い 木村 毅一
ある科学者とその研究(31) ノーベル物理賞・わが国2番目の
受賞者 朝永博士の栄光の生涯とその業績/下 
杉本 専

No.35 1986/09/20

特別寄稿 放照協理事長に就任して 天野 昇
特集 放射線プロセスシンポジウム
    放射線プロセスシンポジウムの概要 石榑 顕吉
    電子線硬化の磁気テープへの応用 中島 薫
    食品照射の現状 松山 晃
    放射線を利用した電池用セパレータ 丹宗 紫朗
    参加者の感想 放射線プロセスシンポジウムの感想 佐々木 泰一  
              放射線プロセスシンポジウムに参加して 佐藤 利男
              定期的なシンポジウムの開催を 中山 博之
              JMRAPに参加して 永倉 邦男
連載エッセイ(3) 「原子力と私」 新設大阪帝国大学 伏見 康治
戦前の理研に関する伏見さんの文章を読んで 玉木 英彦
ある科学者とその研究(32) わが国の原子物理会の先覚者
菊池博士の優れた業績と面影/上
杉本 専
単位・セミナー・その1 国際単位系(SI)について 下川 純一
チェルノブイリ原発の事故原因の模索 編集部

No.36 1986/12/10

特別寄稿 基礎研究に就いて 宗像 英二
特集 励起ビームの応用による新材料開発
    宇宙用材料開発への応用 松田 純夫
    イオンビーム・ニュートラルビームスパッタ技術と
    機能薄膜形成への応用
小川 倉一
    放射線の生物への応用 大原 弘
    分析技術への応用 金山 敏彦
連載エッセイ(4) 「原子力と私」 晴耕雨読の季節 伏見 康治
ある科学者とその研究(33) わが国の原子物理会の先覚者
菊池博士の優れた業績と面影/中
杉本 専
単位・セミナー・その2 国際単位系(SI)について 下川 純一

No.37 1987/03/20

特別寄稿 放射線量評価の意義 森内 和之
特集 低エネルギー電子加速器の利用による表面処理加工
    CRCA発表に見る世界の動き 岡田 紀夫
    表面処理加工のための低エネルギー電子加速器の
    最近の進歩
勝村 庸介
    薄鋼板の電子線硬化型塗装の現状 上野 長治
岡 襄二
    粘着剤化と剥離処理への応用 太田 共久
    低エネルギー電子線照射における線量評価の
    現状と問題点
須永 博美
田中 隆一
史談つれづれ(1) 剣聖 塚原ト伝 新妻 久郎
放射線物理学講座1 放射線とは何だろう?(その1) 大塚 徳勝
海外事情 台湾の放射線利用産業 王 文濱
ある科学者とその研究(34) わが国の原子物理会の先覚者
菊池博士の優れた業績と面影/下
杉本 専

No.38 1987/07/20

特別寄稿 安全とライアビリティー 横堀 武夫
特集 医療用具の放射線滅菌の進歩
    医療用高分子材料の放射線滅菌による劣化の問題点 小野 勇
    医療用プラスチックの放射線滅菌の現状 大場 琢磨
    医療用具の放射線滅菌施設の現状と問題点 永倉 邦男
    照射施設における搬送システムの効率化と遠隔技術 木邨 祐二
中嶋 貴輔
太田 正博
史談つれづれ(2) 剣聖 上泉伊勢守信綱 新妻 久郎
連載エッセイ(5) 「原子力と私」 遅い中性子との出遇い 伏見 康治
放射線物理学講座2 放射線とは何だろう?(その2) 大塚 徳勝
海外事情 IAEAにおける放射線利用(1) 小林 昌敏
ある科学者とその研究(35) 1973年にノーベル物理賞を
受賞した江崎博士の「トンネル・ダイオード」の研究
杉本 専

No.39 1987/11/25

特集 第6回IMRPシンポジウム                 
    第6回国際照射プロセス会議の概要 田畑 米穂
    環境および食品への照射利用 武久 正昭
    高分子系への放射線プロセスの応用(1) 上野 桂二
    高分子系への放射線プロセスの応用(2) 沢崎 隆
    プロセス用電子加速器の現状 稲邑 豊昭
    施設見学にみる放射線プロセス工業の動向 佐々木 泰一
八木 國光
    第6回IMRPシンポジウムに参加して 富田 恵一郎
連載エッセイ(6) 「原子力と私」 不純な物質 伏見 康治
放射線物理学講座3 放射線が物質に当たると、
どうなるのだろう?(その1)
大塚 徳勝
海外事情 IAEAにおける放射線利用(2) 小林 昌敏
史談つれづれ(3) 武将鮭延越前守秀綱 新妻 久郎
ある科学者とその研究(36) 原子物理・原子力の黎明期に
その開発進歩に大きな貢献をした嵯峨根博士
杉本 専

No.40 1988/03/30

40号発刊に寄せて 「放射線と産業」 第40号刊行に当たって 天野 昇    
             放射線照射振興協会が生まれた経緯 宗像 英二
             思い出の記 杉本 仙市
特別寄稿 演劇“石棺”                       伊原 義徳
特集 電子加速器利用の現状
    医療滅菌用電子加速器の現状 Kennard
H.,Morganstern
桂一郎・訳
    プロセス用高エネルギー電子加速器の現状と
    今後の動向
小寺 正俊
    中・低エネルギー電子線照射装置の現状と今後の展望 坂本 勇
連載エッセイ(7) 「原子力と私」 菊池研究室の周辺  伏見 康治
放射線物理学講座4 放射線が物質に当たると、
どうなるのだろう(その2)
大塚 徳勝
ある科学者とその研究(37) 数多くの技術的困難を努力と
創造性で乗り越えた典型的な民間科学者 宗像英二先生/上
杉本 専
史談づれづれ(4) 真田昌幸と本多忠勝の娘 新妻 久郎