No.111 2006/09/01

特別寄稿 理事長に就任して 田中 治
       生物研究と放射線 井上 雅好
特集 バイオ分野における放射線利用技術の進展
    細胞の放射線応答研究の新展開
    −放射線生物学に残された課題:放射線適応応答と
     バイスタンダー効果−
松本 秀樹
    放射線照射に対する生物応答:モデル生物Cエレガンスを用いた
    イオンマイクロビームの照射研究
東谷 篤志
    イオン照射によるキクの新品種育成と全国展開 上野敬一郎
    ガンマフィールドにおける放射線育種研究
    −これまでの研究と最近の成果−
森下 敏和
    照射食品検知を巡る最近の動向2006 宮原 誠
連載 なぜ食品照射か−その歴史と有用性
    [2]食品微生物等に対する放射線の影響と安全性
伊藤 均
NEWS 放射線モニタリング技術の現状 後藤 哲夫
     佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター開所式 森 満
TOPICS 放射線を用いて開発した材料で温泉から
      有用金属を回収する方法
瀬古 典明
国際会議報告 進展する宇宙用太陽電池、2006IEEE 4th World
          Conference on Photovoltaic Energy Conversion
          に出席して
島崎 一紀
史談つれづれ(74)躑躅ヶ崎館跡(武田神社)と武田信虎 新妻 久郎

No.112 2006/12/01

特別寄稿 放射線を利用した計測・評価技術の展開と今後  工藤 博
特集 放射線を利用した計測・評価技術
    大気マイクロPIXE技術を用いた元素マッピング 神谷 富裕
    三次元中エネルギーイオン散乱(3D-MEIS)を用いた
    Si(001)面上のErシリサイドの構造解析
小林 峰
    蛍光X線測定による非破壊的な深さ方向元素分析 辻 幸一
    高分解能ラザフォード後方散乱法によるサブnmレベルの分析 木村 健二
中嶋 薫
    陽電子消滅を用いた材料中の空孔型欠陥の評価 上殿 明良
    電子、陽電子回折を用いた半導体表面の原子配列の観察 一宮 彪彦
河裾 厚男
連載 なぜ食品照射か−その歴史と有用性
    [3]食品の照射効果と衛生化
伊藤 均
TOPICS 改正放射線障害防止法におけるRIの規制対象
      下限値の変更について
二ッ川 章二
海外便り アメリカに留学して感じたこと 舟山 和夫
連載 放射線と私(その5)IAEAとの関わり 嘉悦 勲
史談つれづれ(75)玉川上水と庄右衛門・清右衛門兄弟 新妻 久郎

No.113 2007/3/1

特別寄稿 電子線の工業利用最前線 鷲尾 方一
特集 電子線の産業利用最前線
    電線ケーブル等の高分子製品への電子線利用 早味 宏
    電子線によるハイドロゲル創傷被覆材の創製 磯部 一樹
    電子線硬化とフレキソ印刷、革新的なWet Flex 小林 恒雄
イム・ラングワラ
    電子線グラフト重合を利用した新製品の開発 藤原 邦夫
    電子線滅菌の現状と今後について 山瀬 豊
連載 なぜ食品照射か−その歴史と有用性
    [4]照射食品の健全性評価と放射線分解生成物
伊藤 均
NEWS 放射線育種と種苗法の改正 天野 正之
TOPICS 地球環境保護に貢献する多孔質炭素材料ウッドセラミックス
      木質系資源の高付加価値化と拡がる用途
岡部 敏弘
国際会議報告 マイクロビーム国際会議 石井 保行
海外便り ノートルダム滞在記 榎本 一之
連載 放射線と私(その6)海外の旅と出合い 嘉悦 勲
史談つれづれ(76) 津和野と亀井茲政 新妻 久郎

No.114 2007/6/1

特別寄稿 これからの放射線の産業利用に向けて 南波 秀樹
特集 放射線の産業利用R&D
    多孔性材料への抽出試薬を担持するための
    放射線グラフト重合法の利用
斎藤 恭一
浅井 志保
    フッ素系高分子の放射線橋かけによる改質と応用 大島 明博
    高分子基材の特性を活かした高性能燃料電池膜の開発に向けて 吉田 勝
浅野 雅春
陳 進華
前川 康成
    電子線照射による半導体デバイスの特性改善 宮薗 真一
松崎 明彦
大西 秀人
    放射線抵抗性細菌からの有用バイオ試薬の創製 鳴海 一成
連載 なぜ食品照射か−その歴史と有用性
    [5]食品の照射技術、検知法と今後の展望
伊藤 均
NEWS タイの放射線プロセシング事情
    日本企業によるガンマ線滅菌施設の完成
永倉 邦男
TOPICS AMSによる14C年代測定
      食品照射−世界の状況と日本の取り組み−
小林 紘一
久米 民和
連載 放射線と私(その7)ハイドロゲルとバイオチップ 嘉悦 勲
史談つれづれ(77) 月宗寺と円空さん 新妻 久郎

No.115 2007/9/1

特別寄稿 アジアの発展と環境−原子力の役割 町 末男
       食品照射を巡る国内状況 多田 幹郎
特集 食品照射の疑問に答える
    特定総合研究での動物試験の結果について
    (動物実験で健全性に問題があるデータが
     出ているのではないのか?)
伊藤 均
    香辛料の放射線殺菌の必要性
    (香辛料照射のニーズ、個別の健全性試験の必要性)
吉田 雅一
    食品照射はカビ毒アフラトキシンの防止に役立つか 久米 民和
    放射線分解生成物の安全性
    (シクロブタノンは大丈夫か?)
伊藤 均
    食品照射の管理 林 徹
    消費者から見た食品照射 碧海 酉癸
NEW 群馬大学重粒子線治療施設着工 中野 隆史
TOPICS コバルト60を利用したアリモドキゾウムシ根絶に向けての
      取り組みについて
徳永 太藏
海外便り 上海の最近事情 瀬口 忠男
書評 「Q&A放射線物理 改訂新版 大塚徳勝・西谷源展著共立出版
     2007年5月10日発行」について
大野 新一
連載 放射線と私(その8)過冷却と脳 嘉悦 勲
史談つれづれ(78) 宇都宮城址と本多正純 新妻 久郎

No.116 2007/12/1

特別寄稿 レーザー粒子加速(超高密度フォトンの応用)と産業 北川 米喜
特集 レーザー生成放射線を使って産業を興す!
    超短パルスレーザーでMeV電子線を出す
    −超小型レーザープラズマで電子線加速器実現に向けて−
三浦 永祐
    超短パルスレーザーで高エネルギー陽子線、
    重イオン線を出す。現状は?
根本 孝七
    超短パルスレーザーを用いた単色X線発生 上坂 充
山崎 淳
坂本 文人
    小型レーザー駆動陽子線を用いたがん治療をめざして 西内 満美子
大道 博行
    レーザー生成イオンビームの育種利用の可能性 牧野 孝宏
北川 米喜
前島 慎一郎
    レーザー誘起電子・イオンの工学分野への展開
    −表面処理等への適用の可能性について−
沖原 伸一郎
    レーザー放射線源による極短パルスX線の工業
    での役割:新しい透視検査技術の可能性
桑原 一
森 芳孝
講座 「続・放射線教育現場における難問−原子核に親しむ−」 関根 俊明
    第1回 原子核と軌道電子の関わり
国際会議報告 第13回国際放射線研究会議(ICRR2007)に参加して 横田 裕一郎
海外便り マサチューセッツ工科大学滞在記 八巻 徹也
       バイエルン留学便り 藤巻 秀
史談つれづれ(79) 本妙寺と遠山の金さん 新妻 久郎

No.117 2008/3/1

特別寄稿 第12回放射線プロセスシンポジウムから 勝村 庸介
特集 第12回放射線プロセスシンポジウムから
    イオンビーム照射施設TIARAにおけるビーム技術の進展 神谷 富裕
    土壌中からのカドミウムの除去技術(ファイトレメディエーション)の
    実用化を目指した研究におけるポジトロンイメージング技術の貢献
中村 進一
茅野 充男
藤巻 秀
鈴井 伸郎
石岡 典子
河地 有木
松橋 信平
    放射線滅菌のバリデーションの特徴とその実際 佐藤 良成
    イオンビームによる表面改質
    −70年代から現在まで、理研におけるテーマを中心に−
小林 智洋
    理研RIビームファクトリー利用の現状 神原 正
講座 「続・放射線教育現場における難問−原子核に親しむ−」
    第2回 軌道電子捕獲から始めるベータ崩壊
関根 俊明
TOPICS 大出力電子加速器 ロードドロンの利用状況および
      展望について
千代島 輝明
梅津 透
Jean-Louis Bol
国際会議報告 先端基礎研究国際会議に出席して 熊谷 友多
会議報告 第12回放射線プロセスシンポジウムに出席して 土肥 輝美
連載 一科学者の回顧その1
    「道は歩いた後にある 宗像 英二」に学ぶ
町 末男
史談つれづれ(80) 上田城跡と真田昌幸 新妻 久郎

No.118 2008/6/1

特別寄稿 加速器質量分析計(AMS)の進歩と応用 松崎 浩之
特集 加速器質量分析計(AMS)の進歩と応用
    加速器質量分析計の原理と装置 松崎 浩之
小林 紘一
    AMSによる放射性炭素年代測定の考古学・文化財科学への応用 中村 俊夫
    バイオマスの原料分析への加速器質量分析計の利用 国岡 正雄
    加速器質量分析計の環境科学・保健物理への利用 天野 光
    加速器質量分析計を用いて宇宙線と地球環境の変動史を探る 堀内 一穂
    新薬の研究開発および医療分野へのAMS利用 濱邉 好美
松井 隆雄
NEWS 文部科学省
    「先端研究施設共用イノベーション創出事業」【産業戦略利用】
    「明日を創り、暮らしを守る量子ビーム利用支援事業」
    −先端研究施設が無償で利用可能−
小嶋 拓治
TOPICS 放射線抵抗性細菌の超放射線耐性の謎に迫る 大庭 寛史
佐藤 勝也
鳴海 一成
連載 一科学者の回顧 その2 超大国アメリカを体験する 町 末男
史談つれづれ(81) 四谷の西念寺と服部半蔵 新妻 久郎

No.119 2008/9/1

特別寄稿 イオンビーム育種の新展開−黎明期から爆発的普及期へ 田中 淳
特集 イオンビーム育種の新展開
    重イオンビームと組織培養技術を利用したシクラメンの新品種
    育成への取り組み
杉山 正夫
寺川 輝彦
林 依子
阿部 知子
    イオンビーム育種によるファイトレメディエーション素材の育成 高橋 美佐
    遺伝子組換えと重イオンビーム照射の組み合わせによる高品位
    花き育成の試み
大坪 憲弘
間 竜太郎
阿部 知子
    重イオンビーム変異体を用いたコムギの遺伝学研究 村井 耕二
    イオンビームを利用した醤油醸造用微生物の突然変異育種 豊島 快幸
田中 寿基
赤川 巧 
山崎 達雄
佐藤 勝也
長谷 純宏
鳴海 一成
    明日を創り、暮らしを守る量子ビーム利用支援事業・量子ビームを
    用いた有用遺伝子資源創成研究
野澤 樹
    新コンソーシアム「イオンビームとゲノム情報を活用した効率的な
    花き突然変異育種法の開発」について
田中 淳
講座 「続・放射線教育現場における難問−原子核に親しむ−」
    第三回 原子・分子・原子核構造の鍵:スピン
関根 俊明
NEWS 熱発光法を用いた照射食品の検知に関する業務の開始 須永 博美
TOPICS 佐賀県立放射光施設のこれまでと今後への期待  小川 博司
国際会議報告 第9回 TROMBAY SYMPOSIUM ON
          RADIATION&CHEMISTRY:TSRP2008参加報告
大島 明博
海外便り 風車とチューリップに出会った−オランダ留学記− 石堀 郁夫
書評 グラフト重合物語を読んでみませんか。 山口 透
連載 一科学者の回顧 その3 超大国アメリカの体験(2) 町 末男
史談つれづれ(82) 松平定信と白河城跡  新妻 久郎

No.120 2008/12/1

特別寄稿 地域における放射線利用研究の新展開 堀 照夫
特集 地域における放射線利用研究の新展開
    島根県における放射線利用研究の取り組み 塩村 隆信
田島 政弘
春木 和久
    イオンビームを用いた材料表面改質研究の取り組み 安井 治之
    電子線グラフト重合による繊維の高機能化
    −地域新生コンソーシャムの成果−
堀 照夫
奥林 里子
    放射線照射と酸処理を併用した植物由来弾性ゲルの開発
    −群馬県地域結集型研究開発プログラム−
瀧上 眞知子
    福井県における受託照射用10MeV電子線照射施設の建設 竹地 寛志
戸羽 豊
講座 「続・放射線教育現場における難問−原子核に親しむ−」
    第四回 太陽エネルギーの源:核融合とベータ崩壊の結合
関根俊明
NEWS 最新調査による放射線利用の経済規模 T.工業利用分野 田中 隆一
TOPICS 低エネルギー型EB装置の最新利用状況 武井 太郎
国際会議報告 IAEAの調整研究計画「ガス流に含まれる有機汚染物質の
          電子ビーム処理」に関する研究調整会合に参加して
箱田 照幸
         The Second Asia-Pacific Symposium on Radiation
          Chemistry に参加して
田口 光正
連載 一科学者の回顧 その4 超大国アメリカでの体験(3) 町 末男
史談つれづれ(83) 岐阜(稲葉山)城趾と斎藤道三 新妻 久郎