HOME > 研修事業 > 教員免許状更新講習

  放射線利用振興協会は、文部科学省より教員免許状更新講習開設を開設する機関として認定されています。
今年度は講座を3回実施します。




文部科学省からのお知らせ

教員免許更新制の導入から10年が経過し、平成21年4月以降に免許状を
取得した教員(新免許状所持者)が、今後、更新期限を迎えることとなります。
しかしながら近年、教員自身が免許状の有効期間を誤認することにより、
意図せず免許状を失効してしまう事例が見受けられます。
また、平成30年地方分権改革提案においても、教員免許状の有効期間の明遼性の
向上について取り上げられ、文部科学省では対応を検討してきたところです。
こうしたことから、このたび免許状所持者が自身の免許状情報を入力することで、
容易に有効期間を確認することができるツールを作成し、文部科学省ホームページに
掲載しましたのでお知らせします。

教員免許状の有効期間確認ツールの公開について〜更新時期確認の御参考に〜
(文部科学省ホームページ)http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/013/1420173.htm


 
  令和元年度の講座
  開設講座 受講者が任意に選択して受講する領域(選択領域講習:6時間) 
   講 座 名 放射線基礎講座
  概   要

「放射線の基礎」「放射線の人体への影響」等の講義や、放射線測定の現場で用いられる測定器を使って行う「放射線の測定」、大型の霧箱や受講者自らで作成するキットを用いた「霧箱による放射線飛跡の観察」等の実験を通じ、教科での指導や学校現場における放射線安全に必要な知識を習得していただきます。

  対   象 教諭・養護教諭
  開催日程 @令和元年8月24日(募集期間:平成31年4月16日〜令和元年8月16日)
A令和元年12月21日(募集期間:平成31年4月16日〜令和元年12月13日)
B令和2年3月21日(募集期間:平成31年4月16日〜令和2年3月6日)
  費   用 受講料13,000円 実習教材費(霧箱キット)を含みます、交通費・食費は含みません
  募集人員   各20名
 
  講 座 内 容
  講 義  ○放射線の基礎
 ○放射線の人体への影響
  実 習  ○放射線の測定
 ○霧箱による放射線飛跡の観察
  試 験  ○筆記試験を行います。
●受講申込みの方法 
 お問い合せ

一般財団法人放射線利用振興協会 東海事業所 原子力研修部
茨城県那珂郡東海村白方白根2-4
TEL:029-229-0846 FAX:029-229-0437


このアドレスは迷惑メール防止のためリンクを貼っておりません。お手数ですが上記アドレスをご自分で入力して送信して下さい 
 
 Copyright (C) RADIATION APPLICATION DEVELOPMENT ASSOCIATION All Rights Reserved.