今後の照射利用への対応について(お願い)
 
 
緊急事態宣言が解除されたことを受け、量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所
(以下、高崎研)のコバルト60ガンマ線照射施設の運転が再開されました。
 当協会としても照射業務を再開させていただきましたが、コロナウィルス感染症拡大防止を受け、
高崎研の受入調整作業に時間を要することになり、これまで通りの対応を行うことが困難になりました。
つきましては下記の通り対応を改めますので、ご理解とご協力をお願いいたします。



                           記

●照射開始の15日前(土日祝日の場合はその前営業日)までに、照射利用申込書を
  E-MailまたはFAXにてご連絡ください。施設の状況を確認し、回答させていただきます。


●線量測定をご希望の場合は、「線量計の数量」を備考欄に記載ください。


●利用できる照射室の調整を行うため、以下の場合は納期に十分余裕をもってご連絡ください。

・低線量率   ・長時間  ・個数の多い試料  ・幅30cmを超える試料

・重量物     ・薬品使用  


●コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、照射施設が利用できなくなる場合があります。