照射する線量は線量率と照射時間で決まります!!

全線量=線量率×照射時間


実験内容、線量率、サンプルの大きさ等によって照射室を使い分けています。
写真は第6照射室を上から見たものです。
中央に板状線源、線源に近い所にあるラインが10kGy/h、その次のラインが5kGy/hとなります。
線源からの距離が離れるにつれて、線量率が低くなっていきます。
線源
ガンマ線照射の放射線源となる密封コバルト60線源は、照射室内にある照射台の下に設置されているプール水の中に格納されています。


線源の高さ
線源の高さは45cmとなっており、線源昇降装置により照射室内に上昇し、照射台から高さ45cmで停止します。


線源からの距離
線源からの距離が近いほど線量率は高くなり、離れていくに連れて線量率は低くなっていきます。上の写真では10kGy/hと5kGy/hを例に示しています