今後の実験利用の対応について(お願い)
 
 
緊急事態宣言が解除されたことを受け、量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所
(以下、高崎研)のコバルト60ガンマ線照射施設の運転が再開されました。
 当協会としても照射業務を再開させていただきましたが、コロナウィルス感染症拡大防止を受け、
高崎研の受入調整作業に時間を要することになり、これまで通りの対応を行うことが困難になりました。
つきましては下記の通り対応を改めますので、ご理解とご協力をお願いいたします。



                           記

●実験開始の1ヶ月前(土日祝日の場合はその前営業日)までに、お問い合わせください。
 
必要書類については別途ご案内させていただきます。



管理区域に入域される方は以下の放射線業務従事者の登録が必要になります。
  十分余裕をもってご準備願います。
  1.放射線管理手帳の取得
  2.電離放射線障害予防規定に基づく特殊健康診断(指定登録日の半年以内の受診日付)
  3.放射線業務従事者教育訓練(初期教育訓練、再教育訓練)



●実験内容の確認を行うため次の書類の準備をお願いいたします。
  1.照射利用申込書(線量測定希望の方は「線量計の数量」を備考欄に記載ください)
  2.実験連絡・打合せ票(詳しい説明が必要なため、別添をつけてください。)
  3.受入連絡票



●実験者に関する書類
  1.指定登録依頼書
  2.放射線管理手帳の写し(A、E、F、HのページのPDF)
  3.被ばく歴等証明書(放射線管理手帳がない場合のみ)
  4.顔写真(上半身をデジカメで撮影しJPEGで1MB程度)
  5.身分証明書(免許証などのPDF)



●利用できる照射室の調整を行うため納期に十分余裕をもってご連絡ください。



●コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、照射施設が利用できなくなる場合があります。