放射線利用振興協会は、放射線利用の振興を目的に1968年(昭和43年)に設立され、わが国で放射線照射事業を最初に手掛けた先駆的存在です。


協会設立以来、照射事業部は原子力施設や宇宙環境で用いられる部品・材料などの耐放射線性試験、水晶・真珠などの彩色、その他放射線を用いたさまざまな製品開発や試験の照射現場に立ち会ってきました。


照射事業部ではそれらの経験・ノウハウを活かして、お客様のニーズに応じたガンマ線、電子線の照射サービスを独立行政法人日本原子力研究開発機構の施設供用制度を利用し、実施しています。


照射利用の方はこちら
(ガンマ線照射を委託される方)
実験利用の方はこちら
(半導体の耐放射線性試験等)
電子線をご利用の方はこちら