HOME > 技術移転事業 > 産業界への中性子利用技術の移転 > 中性子ビーム産業利用事例

   
 

中性子ビーム産業利用事例

ここには、これまでにJRR-3やJ-PARCを使って実施された中性子産業利用事例、205件、を示しています。ナビゲーションで示したA〜Hまでの8分野に分類して、実験タイトル(利用施設名、装置名)とその概要が列記されています。各実験タイトルの項をクリックすると詳細ページ(PDF)へリンクします。また、これに続くカッコ内に示されている装置名をクリックすると装置の詳細ぺージへリンクします。 なお、茨城県装置iMATERIAを利用した事例の幾つかは閲覧できません。

     利用分野
 
 
A.高分子の結晶構造
 ・生体高分子 ・その他

B.結晶構造、磁気構造
 ・デモ実験 ・触媒
 ・電池材料 ・磁気構造
 ・原子力材料 ・水素吸蔵
 ・その他

C.多成分高分子材料の構造
 ・ゴム材料 ・磁性材料
 ・触媒 ・電池材料
 ・鉄鋼のさび ・ソフトマター
 ・その他

D.非破壊健全性評価
 ・残留応力測定法の開発
 ・溶接部材の残留応力
 ・ロケット燃焼器の残留応力
 ・その他部材の残留応力
 ・集合組織観察

  E.非破壊可視化     F.非破壊分析     G.薄膜材料     H.農作物等への応用     I.他の利用

 中性子利用説明会、利用相談を希望される企業の方はご相談下さい。説明会は全国各地に出向いて開催します。

一般財団法人放射線利用振興協会 中性子利用技術部

〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162-1 いばらき量子ビーム研究センター内
TEL:029-229-0848 FAX:029-229-0437



 Copyright (C) RADIATION APPLICATION DEVELOPMENT ASSOCIATION All Rights Reserved.